包茎には色々な種類があり、真性包茎にカントン包茎、仮性包茎があります。
それぞれで手術のやり方などに差があり、また単純に包皮を切るのではなく見栄えを良くすることも行われるため、手術や費用にも差が生じることになります。

包茎手術にかかる一般的な費用

包茎手術の値段は手術のやり方で異なります。
一般的な手術方法に環状切開法があり、この手法を用いるクリニックが増えています。
大手を中心に行っており、費用はだいたい7万円程度で行えるのでリーズナブルです。
一方で同じ環状切開法でありながら、値段が異なるケースがあります。
それは包茎手術で使う糸の問題です。
この時に使う糸が一般的な糸か、それとも溶ける糸かによって費用に大きな違いを与えており、一般的なものは7万円、吸収するような糸だと10万円になります。

抜糸の必要性がないなどメリットは様々ですが、どのみちカットするのが包茎手術の一般的なやり方です。
ところが、クリニックによっては切らないで行う包茎手術も実施されています。
二重まぶたの成型技術を応用した包茎手術のやり方であり、これで3万円程度で行えます。
もちろん、状態が軽い場合だからこそ成立するものであり、状態が重い場合にはなかなか成立しないものと言えなくもありません。

真性包茎やカントン包茎の場合には値段が高くなり、10万円から15万円になることも珍しくないです。
この理由としては費用を多くかけることで見栄えを良くすることが大きな部分です。
単にカットするだけでは見た目から明らかに包茎手術を行ったことが分かります。
これではコンプレックスをさらに強めることになるので見た目からでも全く分からないような形で行うことにより、手術をしたとは思えないような形に出来るので、その費用と思って良さそうです。

真性包茎の手術は保険が効く

真性包茎やカントン包茎の場合には保険が効くようになっています。
そのため、泌尿器科などで包茎手術を行いたいと言えばやってくれることがほとんどです。
保険適用の結果、その費用は3割負担となり、2万円から3万円程度になることが考えられます。
真性包茎の状態は性病につながりやすいことや性機能に重大な影響を与えることになり、カントン包茎は包皮が戻らなくなることで肥大化して最悪の場合は壊死をする危険もあります。
そのために保険が適用されるようになっています。

ただし、気を付けておきたいのは美容クリニックのようなものは見込めないことです。
あくまでも泌尿器科などでは包茎の状態を改善することが最優先であり、見た目のことは考慮しません。
なので、包皮をとにかくカットすることが目的になり、最終的には改善されるものの、いわゆるツートンカラーの状態になり明らかに包茎手術を行ったことが丸分かりです。
これが嫌な人は保険適用をされるにもかかわらず、美容クリニックで高い費用を出してでも施術を行ってもらいます。

もちろん人からどう思われてもいいから何とかしたいという人には保険適用がいいです。
3万円程度で行えて、しかも確実にカットしてくれるので安心です。
この類のものは泌尿器科の医師であればだれもが簡単に行えるので失敗する可能性も限りなく低いです。
クリニックによってはプライバシーを考慮するところもあるのでそこでやっておきたいところです。

不必要かつ怪しい手術の勧めには注意

安く手術が行えることは明らかである一方、実際にはびっくりするような法外な値段を請求されるケースもあります。
10万円で済むはずが、数十万円や100万円になってしまって悔しい思いをする男性も少なくありません。
なぜそんなことになるかといえば、クリニック側が患者の弱みに付け込むやり口が考えられます。
男性たちからすれば単に包皮をカットしてほしいぐらいにしか思いませんが、様々なオプションをつけることを求めることでより機能性を高められると話を持ち掛けます。

例えば今よりも長く出来る、固さを出して女性を喜ばせられる、詰め物を詰めて立派に出来るなど、様々な理由をつけてオプションをつけるよう、クリニック側は求めます。
手術のタイミングでそれを伝えるので引くに引けなくなって言われたままに施術を受けて結果的に法外な金額を払わされるというのが良くある光景です。
本来は必要ないものまで受けるハメになり、しかも手荒なことをされて性機能に影響を与えるケースも見られます。

セカンドオピニオンなどで本当に必要なのはいくらかを知ることが大事であり、あくまでもカットすることがメインであることを決めておくことが重要です。
必要のない手術、意味を見出せないものは毅然とした態度で断ることも大事であり、先に費用を支払ってそれ以上の支払いはしないという態度も求められます。
人の弱みに付け込んで法外な費用を請求することはよくあるので、ネットの口コミなどにも目を通したい部分です。

まとめ

学生割引など学生の段階で手術を受けてもらおうとするところが多いですが、自分で対処できる段階ではその必要は低いと言えません。
もし行うにしても納得する形で受けることが大事であり、医師の言葉に流されないことも必要です。

更新情報

包茎手術の費用対効果を考えてみよう!

包茎手術は真性包茎・カントン包茎に関しては保険の適用内で受けることが出来ます。それだと1万円ちょっとと安上がり … “包茎手術の費用対効果を考えてみよう!” の続きを読む

コメントなし

包茎手術の費用に保険は効くのか?

包茎手術を受けるときに気になるのは費用で、高額すぎると未成年や学生さんには支払いが難しくなります。 しかし保険 … “包茎手術の費用に保険は効くのか?” の続きを読む

コメントなし

包茎手術の費用をローンで工面!

包茎手術は近年リーズナブルな価格になってきましたが、それでも一括で払うのは大変だと諦めている人は多いのではない … “包茎手術の費用をローンで工面!” の続きを読む

コメントなし

包茎手術の費用を抑えるためにできること

包茎手術を受ける場合には、真性包茎とカントン包茎の場合に限り、泌尿器科で保険適用で手術を受けることが可能です。 … “包茎手術の費用を抑えるためにできること” の続きを読む

コメントなし

包茎手術の費用の相場は?

これから冒険手術を受けたいと考えているのであれば、やはり費用の相場についてはやはり気になりますよね。 包茎手術 … “包茎手術の費用の相場は?” の続きを読む

コメントなし